Web制作会社におけるPマーク取得のポイントを解説! | オプティマ・ソリューションズ株式会社 オプティマ・ソリューションズ株式会社
助太刀記事の背景画像 雲の装飾
の画像

助太刀記事

Web制作会社におけるPマーク取得のポイントを解説!

2023.5.14

オプティマ・ソリューションズ編集部のアバター

Pマーク・ISMS認証取得の分野から新選組のように企業・経営者の安心を守りながらセキュリティや個人情報が漏洩・侵害されないような「日本社会の治安維持」を担っております。皆様が安心して暮らすことができ、本来のお仕事に集中できる、そんな社会を目指しています。これまでに大企業から中小企業まで、2,000件以上の認証を通してきました。

Web制作会社においてプライバシーマーク(Pマーク)を取得する際ののメリットをご存じでしょうか?この記事では、Pマーク取得のメリットや保有する個人情報について解説し、Web制作会社がPマークを取得する際のポイントについても検討します。

Web制作会社とは?

Web制作会社は、企業のホームページやECサイトなどのWebサイト制作を行う会社です。場合によってはシステム開発やSNS・Web広告制作も手がけ、最近ではマーケティングや集客全般まで請け負うことも珍しくありません。インターネット時代においては欠かせない存在です。

Web制作会社がPマークを取得するメリット

Web制作会社がPマークを取得するメリットは以下の通りです。

  1. 取引先と契約しやすくなる
  2. 社内の現状把握・ルール作りができる
  3. 信頼を得ることができる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)取引先と契約しやすくなる

Pマーク取得は競合他社との差別化に繋がり、特に大手企業や官公庁との取引においてPマーク取得が条件になることが多いため、事前に取得しておくことで取引がスムーズになります。

(2)社内の現状把握・ルール作りができる

Pマーク取得を通じて会社全体で現状把握を行い、情報セキュリティに関するルールを整備できます。また、毎年PDCAサイクルを回すことで定期的な社員教育や内部監査が実施され、個人情報の取り扱いに関する意識向上や情報漏洩の未然防止が期待できます。

(3)信頼を得ることができる

情報漏洩事件が多発する中、企業や消費者は適切な情報取り扱いを求めており、Pマーク取得は取引先や消費者からの信頼を獲得する上で有効です。これにより他社との差別化が図れます

このように、Web制作会社にとってPマークを取得することには、多くのメリットがあります。信頼性の向上や取引先との良好な関係構築、社内の情報管理体制の強化に貢献するため、Pマークの取得を検討していただきたいです。

Web制作会社が保有する個人情報とその取り扱い

Web制作会社は、取引先から提供されるさまざまな情報の中に、個人情報が多く含まれることがあります。以下にその例を示します。

  • Webサイトに社員の名前や顔写真を掲載する場合
  • 事例紹介として、取引先の社員の情報を掲載する場合
  • コンテンツの更新やSNS・Web広告の運用のためにIDやパスワードを提供される場合
  • メルマガなどの配送のためのメールアドレスを管理する場合
  • ニュースリリースとして未発表の情報を取り扱う場合

これらの情報を取り扱う際には、特に個人情報の保護に十分注意する必要があります

Web制作会社の個人情報保護体制構築と審査のポイント

ここで、Web制作会社がPマークを取得する際の個人情報保護体制の構築や審査において重要なポイントを解説します。

①個人情報の取り扱いの流れとリスク分析の実施

Web制作会社は、個人情報を預かったり、編集したり、処理することが多いのが特徴です。クライアントごとにその流れが違う場合も多いです。ですから、クライアントを含めて、自社の個人情報の取扱いの流れを正確に追い、アクセスできる人の範囲を制限することや、不要になった情報を削除する、未知のリスクが潜んでいないかなどよく分析することが重要です。

②社員一人一人の意識向上とルールの見直し

Web制作会社が個人情報を取り扱う場合には、社員一人一人がクライアントとメールなどでデータをやり取りし、臨機応変にパソコンなどで処理することが多いと思われます。ですから、社員一人一人の意識の向上が重要であり、また自由度とセキュリティのバランスの取れたルールを定める必要があります。

③取引先との情報共有と適切な対策の実施

Web制作を進める過程において、クライアントの担当者が不用意に情報を送ってくることも考えられます。情報漏洩などの問題を起こさないように、よくコミュニケーションを取り、情報をやり取りする場合の方法を定めるなどの対策が重要です。またWebサイトの脆弱性のチェックを行うこととその意味を理解してもらうことで、一定の費用負担をしてもらうことも重要です。

Web制作会社にとって、デザイン品質や納期も重要ですが、個人情報の適切な取り扱いにも注意を払うことが必要です。

まとめ

本記事では、Web制作会社におけるプライバシーマーク(Pマーク)取得のメリットと、個人情報保護体制構築のポイントについて解説しました。

Web制作会社がPマーク取得のポイントを押さえ、適切な個人情報保護体制を構築することで、顧客や取引先からの信頼を獲得するだけでなく、安心して業務を遂行できる環境を整えることができます。これにより、Web制作会社は競争力を向上させることができ、業績の向上にも繋がります。

オプティマ・ソリューションズでは、効果的に浸透する最低限のルールを用いて、個人情報保護に関する規定を策定することができます。これらのルールは改善や強化が容易であり、その特徴となっています。迅速なメール対応により、スムーズにプロジェクトを進めることが可能です。お気軽にご相談いただければと思います。お問い合わせをお待ちしております!