ISMS認証取得の難易度は?4つのポイントから考えてみる | オプティマ・ソリューションズ株式会社 オプティマ・ソリューションズ株式会社
助太刀記事の背景画像 雲の装飾
の画像

助太刀記事

ISMS認証取得の難易度は?4つのポイントから考えてみる

2023.11.3

オプティマ・ソリューションズ編集部のアバター
オプティマ・ソリューションズ編集部

Pマーク・ISMS認証取得の分野から新選組のように企業・経営者の安心を守りながらセキュリティや個人情報が漏洩・侵害されないような「日本社会の治安維持」を担っております。皆様が安心して暮らすことができ、本来のお仕事に集中できる、そんな社会を目指しています。これまでに大企業から中小企業まで、2,000件以上の認証を通してきました。

ISMS(ISO27001)の取得には通常1年半から2年ほど期間が必要といわれていて、なかには何年もかかってしまい、ついに取得を諦めたというケースもゼロではありません。いったいなぜ取得が難しいのでしょうか。ISMS取得に向けた流れの中で、ISMS(ISO27001)取得の難しい点について解説します。

ISMS認証が難しい…挫折しやすい4つのポイント

組織の規模が大きくて情報資産が複雑化している

規模の大きな組織や、情報資産が多数存在する業種(例えば金融業界や医療業界など)では、ISMSの策定や運用が複雑化するため、認証取得の難易度が高くなります。リスクアセスメントのツールやフレームワークを活用したり、定期的にリスクの見直しを行い、アセスメントをアップデートすることで対応できます。

組織の情報セキュリティ対策が為されていない

ISMS認証取得の際に、情報セキュリティ対策が必須となります。そのため、まだ組織内に情報セキュリティを守る施策が整っていない場合には、その点を整備し、社内ルールとして浸透する必要があります。そのため、ISMS認証取得の難易度が高くなります。既存の組織内のリソースやノウハウを確認しながら、段階的に体制を構築することで対応できます。

認証機関の審査基準による難易度差

ISMS認証取得の難易度は、認証機関の審査基準によっても異なることがあります。認証機関によって審査基準が異なるため、同じISMSでも認証取得の難易度が異なることがあります。また、認証機関の審査員の能力や経験によっても、認証取得の難易度が左右されることがあります。

継続的な取り組みや社員教育が面倒くさい

一度体制を構築しても、それを継続的に運用・維持することは労力が必要です。ISMSの運用には、人員の教育・訓練や設備・システムの整備など、多くのリソースや人員が必要になるため、適切な割り当てが行われていない場合や、そうしたリソースが社内にない場合には、認証取得の難易度が高くなります。定期的な監査やレビューを行い、組織のトップからのコミットメントを確保しつつ、全社的な意識啓発や教育を実施して、情報セキュリティ文化を醸成することで対応します。

ISMSとは?

ISMSとは、「Information Security Management System(情報セキュリティマネジメントシステム)」の略称であり、企業や組織が情報セキュリティを確保するための仕組みや体制を整備し、維持・改善するための国際規格です。これを取得することで、企業や組織が情報セキュリティに対する取り組みを公的に認められることができます。

詳細はこちらの記事でも紹介しています。

Pマーク・ISMSの取得・更新申請のご相談ならオプティマ・ソリューションズ!

ISMS認証取得の難易度は、組織の大きさや、メンバーの体制によって大きく異なりますが、大きな組織であればあるほど、同じ方向を向くのは難しいことではあります。しかし、ISMS認証取得には、企業にとって信頼性向上や経営効率の向上、新規ビジネスチャンスの開拓、競争優位の確保などたくさんのメリットがあります。

また、弊社は創業後の18年間で3,000件を超える支援を行ってきました。

さらに、弊社には次の強みがあります。

  • メールへの返信や見積などへの対応スピードが速いので最短取得のサポートができる
  • 月々定額の分割払いができる
  • 東京、大阪、名古屋に支社がある
  • オリジナルテンプレートからのカスタマイズができるので、工数の削減が可能
  • 使いやすいE-Learningツールを無料提供している(運用時に年に1度の教育が必須)

弊社ではISMS認証の取得・更新をする以上に、貴社の社内環境や社外のお客様の質まで変えていけるように全力でサポート致します。

お客様が新しい知識と情報を理解し、自社の業務にそれを適用することで、何らかの改善が実現しお客様も喜ぶ。そんな状態を理想と考えているからです。

これからISMS認証を取得される、または、更新をご希望される事業者様はぜひ、お気軽にご相談下さい。