Menu

スクー「情報セキュリティの基礎」

 

ISMS認証動画セミナーに参加する

 

ITやネットワークを利用すると、必ずリスクがともないます。 企業のシステム部門やサーバー会社などに任せているだけでは、 そのリスクは低減されません。
なぜなら、多くの情報漏洩事故は人災だからです。 情報セキュリティマネジメントシステムであるISMSを取得・導入すると、 義務としてこれらを未然に防げる状態にしておかなければいけません。
それらの対策は、一人ひとりが日ごろから注意をしてこそ、となりますが、 では、どのような点をどのように注意すればよいのでしょうか。 この授業では、業種や職種にかかわらず情報セキュリティに関する 最低限の知識をしっかり身に付け、 実践できるようになるよう、お話いたします。
ウイルス対策や電子メール、ホームページ閲覧時、 無線LANの利用上のリスクと対応、 そして、クラウドサービスやSNSを利用する際の注意、 さらに、持ち運び可能なメディアや機器の扱いや廃棄時の注意点など、 今の時代に求められる情報セキュリティを学びましょう。

  • 動画セミナーの受講を申し込む
  • 問い合わせる

ISMS認証・動画セミナーについて

これからISMS認証を取得しようとお考えの方のために、オンライン動画学習サイト「スクー」で放送された「情報セキュリティの基本」セミナーを無償でご覧いただけるチケットを差し上げます。どうぞお申し込み下さい。

情報セキュリティの基礎〜ISMS認証取得企業に向けて〜(約60分)

  1. 情報セキュリティとは
  2. ISMSとは
  3. リスクマネジメントについて
  4. 情報セキュリティ対策について

講師
弊社コンサルタント・講師:柴原 健次(しばはら けんじ)
受講費用
無料です。(スクーへの新規利用登録が必要になります)
オンラインセミナーを受講されたい方は、下記からお申し込み下さい。

ISMS認証動画セミナーに参加する

ISMS認証(ISO27001)とは何か?

Diagram by Karn G. Bulsuk
情報セキュリティとは、組織内の情報資産をいかに守るか、いかにして情報の取扱いにおけるリスクを適切に管理するかという取り組みのことです。情報セキュリティに関して「PLAN(計画)」「DO(運用)」「CHECK(監査)」「ACT(見直し)」のサイクルを回して継続的に改善していく仕組みを「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)」と呼んでいます。
そして情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する第三者認証制度が「ISMS認証」です。社内にしっかりとした情報セキュリティのための体制を構築していることを、外部の審査機関に確認してもらって、対外的にもお墨付きとして公表できるという制度です。
「ISMS認証」は情報セキュリティの国際規格である「ISO27001」を準拠規格としていることから、この認証制度そのものを「ISO27001」と呼ぶこともあります。(つまり、ISMS認証もISO27001も、同じ制度のことです)

  • 動画セミナーの受講を申し込む
  • 問い合わせる

お客様のISMS認証取得体験談

muku 自立支援センターむく様
行政の信頼を得られたことが一番よかったことです。また、大手企業さまからの信頼度もアップすると思います。
M&Kのイメージ M&K様
御社代表の中さんに相談したところ、当社にはISMS認証があっているだろうとおススメをいただきました。
カオナビのイメージ カオナビ様
キツめのスケジュールでもこなしていただけるので、今回もお願いしようと思いました。
ファイルフォースのイメージ ファイルフォース様
クラウド事業者としては完全性、可用性もカバーするISMS認証の方がふさわしいのではないかと考えました。
フォークのイメージ フォーク様
取引先から「これでますます安心だね」と言っていただいたりしています。
GFDのイメージ GFD様
Pマーク取得時の遠藤さんの対応がとても素晴らしく、迷うことなくISMSも御社にお願いしたいと思いました。
ゲッコープロダクションのイメージ ゲッコープロダクション様
ISO27001を取得しましたよ~とFacebookで書いていたら、いきなり新しい仕事が入ってきました。
寿製作所のイメージ 寿製作所様
ISMS認証は取得して終わりではありませんので、今後もしっかりと社内で運用していきます。
  • 動画セミナーの受講を申し込む
  • 問い合わせる