Menu

ごあいさつ

オプティマ・ソリューションズ株式会社代表取締役・中康二

私が前職のソニーを退職したのは、ちょうど個人情報保護法が全面施行された2005年でした。当時、企業は高価なセキュリティ対策製品への設備投資を求められたり、がんじがらめのルールを作って業務効率が落ちたりしていました。混迷を極めていたこの分野に、何とか「最適な解決策=Optima Solutions」を出したいと考えて、この会社を立ち上げました。

会社設立後、法律に書いてあるような基本的な内容が、実はよく理解されておらず、的外れなことが行われていることを数多く見ました。高価なセキュリティ対策製品を導入するよりも、パスワード変更や施錠管理など、むしろ身近なところから徹底した方が効果的であることも多く目にしました。これらの経験を踏まえ、私たちは「単純なことを当たり前にやる」ことが実は「最適な解決策」なのだと分かりました。

この考え方をプライバシーマーク・ISMS認証にも拡大し、今日に至っています。規格やガイドラインの要求事項を正確に理解してそれを行う、セキュリティ対策は身近なところからやるということです。このようにすることで、結果的にもっとも少ない費用と短い期間で認証を取得することができ、効果的に情報セキュリティを強化することができ、また社内の業務効率化も実現できるのです。

この「最適な解決策」を、一社でも多くのお客様に体験していただきたい。その思いを実現するために、社員一同、力を合わせて日々の仕事に打ち込んでいます。

オプティマ・ソリューションズ株式会社
代表取締役 中 康二(なか こうじ)

代表取締役 中 康二(なか こうじ)

1968年、大阪に生まれる。東大寺学園中学校・高等学校に進学

1991年、一橋大学経済学部卒業

1991年、ソニー株式会社入社。人事部門で勤務管理を担当するかたわら、2万人以上の社員情報をパソコンで手軽に活用する仕組みをソニー本社・各事業所の人事部門に導入する草の根プロジェクトを主宰し、大きな成果をあげる。

1996年、ジーアールホームネット株式会社(現ぷららネットワークス株式会社)の設立に参画。ネットワークサービス全体の立ち上げを行う中で、特に個人認証を必要とする電子会議室システムや電子メールシステムの仕様書作成から導入までを担当した。

1999年、ソニーマーケティング株式会社に転籍。パソコン(VAIO)とPDA(CLIE)のマーケティングマネージャを務める。この中で、カスタマー登録データの管理、登録者に対するメール発信、個人情報の取扱の業務委託などを行う(同社は2004年にプライバシーマークの認証を取得)。

2004年夏より個人情報保護に関するblogとメルマガを創刊し、個人情報流出事件や個人情報保護法の法制化の最新情報を多くの読者に提供するようになる。

2005年3月、オプティマ・ソリューションズ株式会社を設立。

2005年4月、朝日新聞社より個人情報保護に関する解説本「<図解>個人情報保護法」を出版。

2006年2月、あさ出版より個人情報保護士試験の対策本「これだけ!個人情報保護士試験完全対策」を出版。好評につき、改訂を繰り返す。

2006年8月、東京国際フォーラムでプライバシーマークセミナーを開催し、講師を担当する。好評につき定期開催するようになり、累計参加者数が2500名を超える。

今日に至る。