Menu

弊社クライアントの株式会社日立ブレーン様が、プライバシーマーク(Pマーク)を更新しました。弊社の顧問サービスをご利用いただいております。(担当コンサルタント:遠藤朝永

 

hitachi_logo

 

同社・経営企画室 部長 大森 義弘様にいただいたコメント:

Hitachi_Brain

弊社は、ダイレクトマーケティングサービス(売れる仕組み作り)を各企業様から受託する仕事をしております。具体的には、データベースを活用したソリューションやコンタクトセンターの運営、マーケティングリサーチ(市場調査)などですが、個人情報保護・情報セキュリティを強化することが、弊社のサービスの「品質」の基盤と考えて、社長の号令の下、全社規模で取り組んできました。

最近では、特に地方自治体への入札などではプライバシーマークの認証が条件の一つとなっており、マークを取得・維持していることによる営業的なメリットも出てきています。

これまでプライバシーマークを継続してきた甲斐があり、社内の意識は年々高まってきていると思います。以前であれば、私たち(Pマーク事 務局)に相談なく 各部門が勝手に対応していたようなケースでも、最近では「これいいんでしょうか?」「この場合は どうしたらよいですか?」と事前に質問が来て、正しい対応ができるようになりました。

プライバシーマークを維持する上で大事なことは、全てのアクションにおいて、如何に自分たちの身の丈にあった内容にするか、如何に自社の現状と整合性を取るかということだと考えています。

その点からも、御社からいただける助言は大変役立っています。どの程度までやらなければいけないのか、他社ではどの程度やっているのか、そういった外部の情報をいただき、自社ではどのようにするのかの意思決定に役立てています。

今後ともよろしくお願いします。