Menu

弊社クライアントの株式会社三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ様が、当社のE-Learningシステムを利用してプライバシーマーク更新のための定期教育を実施されましたので、ご意見をお伺いしました。

同社・経営戦略部 日暮様 太田様、からいただいたコメント:

御社の事業内容とプライバシーマーク取得の経緯などについて教えてください。

当社は三越と伊勢丹の各人事部がベースとなって設立された会社です。人事領域のトータルなコンサルティングサービスから、人材派遣、紹介・採用代行、顧客接点オペレーションの一括アウトソーシングまで、幅広い業務サービスを提供しています。三越伊勢丹グループ内外、大量の人事関係の情報を扱いますので、 御社のご支援をいただいてプライバシーマークを取得しました。

もともと教育はどのように実施されていたんですか?

プライバシーマーク取得時には、御社のコンサルタントの遠藤さんに講師をしていただいて、集合研修の形式で実施しました。翌年は、三越伊勢丹グループ全体で使っているグループウェアの機能を利用してE-Learningを実施しました。これはこれでうまくいったのですが、いろいろと細かな部分で不便なところがありました。

当社のE-Learningのことはどこでお知りになられましたか?

情報セキュリティEXPOで御社のブースにお邪魔したときに、御社が既存顧客を対象にE-Learningを無償提供されていると聞きまして、前年に苦労したことを思い出して、ぜひ使ってみたいと思いました。

教育対象者は何名くらいなんですか?

全社員というとだいたい600名くらいなのですが、店舗にいてパソコンを使うことが困難な場合もありますので、今回はまず400名を目標にE-Learningを受講させることにしました。

実際に使ってみていただいて、使い勝手はいかがでしたか?

非常にスムーズに実施できたと思います。当社の標準パソコンのブラウザの画面ですべてが完結し、システム上は何の問題もなかったですよ。テストもスムーズで、答えを選んだらすぐに正解不正解と解説が出てきて、答えやすかったと思います。

また、合格点の基準を決めることができるのはよかったと思います。不合格になった場合でも、何回も受験してそれ自体が教育になるので、しっかりと意識付けができたのではないかと思います。そして、採点作業も不要でありながら、対象者一人一人の受講結果が電子データで入手できましたので、集計がとっても楽でした。

E-Learningは社員教育として効果はありそうですか?

手ごたえは十分あります。特に若手社員は、こういう風にパソコンを使って教育を受けることに抵抗はありません。集合研修をしても、実際には積極的に参加しない人も見受けられます。自分のペースで空き時間を作り、学習を進めることができるという点で、むしろE-Learningの方が向いている環境もあります。今回、社員の皆さんに意識付けをしたいと思いまして、特に標的型メール攻撃のことを多めに盛り込みました。かなり広く知らしめることができたと思います。

今回お使いいただいて、何か追加のご要望はありますか?

当社側では研修資料と対象者リストを用意するだけで、御社側ですべて実行していただいたので、当社側の作業が少なく、大変助かりましたが、受講結果を知りたいときには御社にお願いしなければなりませんでしたので、少し不便を感じました。

中>次回から管理画面でリアルタイムに確認していただけるようにしますね。

このE-Learningを今後も使いたいですか?

もちろん使いたいです。将来的には、短期間の契約で店頭に送り込んでいる派遣社員も対象にできればと思っています。

E-Learningを検討されている他の会社の方に何か助言はありますか?

社員教育のツールとして、E-Learningは、本当に有益だと思います。まず何よりも負担が少ないです。すべて自動的に処理されて、採点もしなくても一人一人の受講結果が出てきます。とっても効率的です。他社事例では担当者が全国を出張して回って集合研修を実施しているというような話を聞いたりもしますが、E-Learningならそんな負担を必要としません。また、効果的でもあります。集合研修に消極的な人もいます。自分で見ながら学習できるE-Learningの方が教育効果が高いとも言えます。今後は集合研修とE-Learningを組み合わせて実施するスタイルが当たり前になっていくと思います。今のうちからそれに慣れておくことをおススメしたいです。

貴重なご意見ありがとうございました。来年以降もどうぞご活用ください。