Menu

2015年8月、弊社クライアントのグレートインフォメーション株式会社様が、プライバシーマーク(Pマーク)を取得されました。弊社のプライバシーマーク取得サポートをご利用いただき、着手から約6ヵ月での取得を実現しました。
(担当コンサルタント:北村達也)

グレートインフォメーション株式会社様

同社 取締役社長・松本 健司様からいただいたコメント:

グレートインフォメーション株式会社様

御社の事業内容とPマーク取得の経緯について教えてください。

当社は、日本で初めての電子マネー(無記名式傷害保険付き)を作った会社です。現在、プリペイドカードの発行及び運用、カードレスシステムの企画設計並びに運営、コンビニ決済システム企画開発、各種イベントの収納代行業務等を行っております。当社で発行しているプリペイドカードは、個人情報を取得しないことが特長でしたので、プライバシーマークの必要性は感じておりませんでしたが、新たな事業として、各種イベントの参加者募集を受託することになり申込者の個人情報を取り扱うことになりますので、これを機にプライバシーマークを取得することになりました。

コンサル会社選定の経緯を教えて下さい。

実は何社かのコンサルティング会社さんにお話をお伺いしまして、御社の無料セミナーにも参加させて頂きました。
その中で、御社はとにかくレスポンスが早かったのでこれはもう御社にお願いするしかないと考えました。

今回のマーク取得にあたっての社内体制を教えて下さい。

常勤の社員が約20名であり、私が中心になって作業を進めていきました。各部署における個人情報台帳の作成などについては、それぞれの部長に実施してもらいました。

新たに講じた安全管理策はありますか?

会社の入退出のカードなど、基本的なセキュリティは取得前からありましたので改めて実施したことはなかったです。
新たなコストはほとんど発生していません。

一番苦労した点、時間のかかった点は?

個人情報を吸い上げるところが一番大変でしたね。いざ吸い上げてみるといろいろありましたし、私が社長就任以前の業務に関する情報の精査に時間がかかりました。

現地審査の印象は?

JUASの審査員の方はとてもフレンドリーな感じでした。指摘に関しては、全くおっしゃる通りで納得のいくものでした。

コンサルティングで良かったことを教えてください。

担当していただいた北村さんは年代も近かったため、つくろわず、かざらずに本音で色々お話をさせて頂きました。 本当にコミュニケーションよく進みまして感謝しています。

Pマークを取得しての感想を教えてください。

社員の意識が変わりましたね。いろんな個人情報の運用に関して、月初に前月の記録を確認したりサマリしたりするので意識が上がりました。改めて言うほどでもないことですが、取引先からの問い合わせも着実に増えていました。受託するのはスポーツ系のイベントが多いですが、個人情報保護に関して必ず確認されます。
そういう時も『安心してください。Pマークもってますよ』と言うと、その後の話がスムーズに行きますから、やはり取得してよかったなと思います。

これからPマークに取り組まれる方へひとことお願いします。

今の時代、Pマークは取得して損はないと思います。インターネットの世界が広がり、ニュースでもSNSによる個人情報漏洩など耳にしますが今の若い人などは機器は使いこなせても、その危険性の認識も薄いし、まだまだリテラシーが低いと思います。会社の業務で漏洩が起こりうるんだよと、実例を持って話をすることで各自の意識向上につながると思います。

貴重なご意見、ありがとうございました。