Menu

2015年2月、弊社クライアントの朝日インタラクティブ株式会社様が、プライバシーマーク(Pマーク)を更新されました。弊社のプライバシーマーク更新サポートをご利用いただき、スムーズなプライバシーマークの更新を実現しました。(担当コンサルタント:酒井)

ロゴマーク3

同社経営管理 人事総務・谷岡様からいただいたコメント:

ai

御社の事業内容と、Pマークを取得した理由について教えてください。

弊社の主力事業は、インターネットのニュースサイト「CNET Japan」「ZDNet Japan」「CNN.co.jp」「鉄道コム」などの、メディア運営と、Webシステムの開発やサイト製作などのソリューション提供です。運営するニュースサイトには会員IDやメルマガ登録の仕組みがあり、沢山の個人情報をお預かりしていることから、いち早く2006年にプライバシーマークを取得しました。

コンサル会社を弊社に決めていただくまでの経緯を教えてください。

2012年の更新のタイミングで前任者から私が業務を引き継ぐことになりました。私自身は、プライバシーマークの申請作業を行うのは初めての経験でしたので、更新作業のサポートとPマークの規程や関連業務全体の見直しのためにコンサルティング会社の利用を決めました。複数のコンサルティング会社の方にお会いしましたが、お話しをさせていただいた印象やサービスにもっとも魅力を感じましたので、御社にお願いすることにしました。

規程などの見直しはどのように行いましたか?

更新まであまり時間のなかった2012年は、御社の支援を受けながら手元の書類を整理することを優先しました。しかし、利用していた規程と記録類は、もっと軽量化しわかりやすくする必要があると考え、2014年の更新に向けて、御社に助けていただきながら内容を見直していきました。
どこの会社でもそうかもしれませんが、プライバシーマークの運用は、多忙な社員が必要最小限の作業でしっかりした内容を維持できるよう、効率よく行っていきたいと考えています。御社に2回の審査をサポートしていただいたおかげで、安定した運用ができております。

どのような体制で取り組みましたか?

私のほか数名でPMS事務局を立ち上げ、すべての部署からPMS委員を選任する全社的な体制を組んで進めていきました。

教育はどうやって実施しましたか?

全社員に、電子メールで資料を送付し、定期的に小テストを実施する方法をとっています。入社時の外部のセミナーも必須事項です。

現地審査の印象はどうでしたか?

ある企業の個人情報流出が世の中で大きくクローズアップされていた時期だったこともあり、厳しい現地審査だったと考えていますが、事前の準備を丁寧に行ったこともあり、スムーズな対応ができたと考えています。

コンサルティングで良かったことを教えてください。

コンサルタントの酒井さんは、迅速且つ的確に回答してくださいます。過去にいただいたメールが私にとってはデータベースのようになって、いつでも見返すことができて助かっています。

今後の当社への期待を教えて下さい。

御社のサービスには満足しています。今後とも引き続きご支援いただきたいです。

ありがとうございます。