Menu

プライバシーマークの審査に立ち会ってくれますか?※画像はイメージです。

 

いいえ。残念ながら、弊社のコンサルタントは
プライバシーマークの審査には立ち会いません。

 

以下、その理由をご説明いたします。

 

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が定めた「プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準」の付属書「プライバシーマーク付与適格性審査に関する標準約款」には、

第8条4項
乙(審査を申請した者)の従業者以外の者が審査に立ち会った場合、甲(審査機関)は審査を打ち切ることができる

との内容があります。すなわち、社外の人間であるコンサルタントが審査に立ち会うことは審査機関から正式に禁止されています。事実が発覚した場合には、現地審査の途中で審査が打ち切られることになっています。

 

さらに「プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準」には、

3.3.2 申請不可期間1年の事業者
申請の日前1年以内に、次のいずれかに該当する事業者は、付与適格性審査の申請をすることができない。
a)審査機関が審査の過程において次の事項を発見したため、審査を打切った事業者
2 申請者の従業者以外の者が審査に立ち会ったとき

とあります。

 

すなわち、万が一コンサルタントが同席したために審査打ち切りとなった場合には、その後1年間は再申請すらできません。更新審査の場合でも、1年間以上プライバシーマークが使用できなくなることになります。

 

最近「現地審査に立ち会う」と言う悪質なコンサル会社があるようです。しかし、それはルール違反であり、また御社を危険にさらすことでもありますので、ダマされないように充分ご注意ください。

 

なおプライバシーマークの審査は、御社がしっかりと個人情報保護規程を運用しているか確認するためのものです。落とすための審査ではありませんし、しっかりと準備をしていれば怖がる心配はありません。弊社では充分に御社に事前のご説明を行い、御社だけで審査を乗りきれるようにサポートいたします。弊社の数多くのお客様も皆さん自分たちだけで乗り切ってきておられますので、ご安心いただければと思います。