Menu

2013年10月、弊社クライアントの株式会社フィンチジャパン様が、プライバシーマーク(Pマーク)を更新されました。弊社のプライバシーマーク更新パッケージをご利用いただきました。

(担当コンサルタント:遠藤朝永
logo_f

同社 ・経営戦略部 マネージャー 新井様からいただいたコメント:

DSC08153

御社の事業内容を簡単に教えて下さい。

当社は商品開発のコンサルティングを中心に、各企業のお手伝いをしています。各企業の非公開の製品やサービス、広告などに関する情報を取り扱いますので、高い情報セキュリティが求められます。そのため、しっかりとした社内体制を構築するだけではなく、外部からの視点でもチェックを受けたいと考えまして、プライバシーマークを取得しました。

(取得時の体験談はこちら)

今回はどのような体制で取り組みましたか?

前任者が退職しましたので、今回の更新にあたっては私が中心となって進めました。
ただし、せっかくの機会でもありますので、新入社員2名に、教育と監査の役割を持たせまして、3人で取り組むことにしました。

作業にどのくらいの時間がかかりましたか?

一週間くらい集中的に取り組み、申請前に一日がかりで最終点検をしました。

教育はどうやって実施しましたか?

全社会議が定期的にありますので、その機会を利用して行いました。新しい教育担当者がテストのハードルを上げすぎたため、正解率は少し下がりましたが、その場で再勉強してもらいました。

セキュリティ対策で変更点はありますか?

昨年、オフィスを恵比寿からアークヒルズに移転しました。入り口などの形態が変わりましたので、どのように管理するべきか思案していましたが、内扉に関して朝一番の解錠と最終退出の施錠の際に記録を残すようにしました。

また、当社では外部の会場を使用してセミナーを開催することが多いのですが、その場合の個人情報の取扱に関するチェックリストを作成しました。

現地審査はどうでしたか?

比較的スムースで大きな指摘事項はありませんでした。お話の好きな審査員さんでしたので、和気あいあいと進みました。

一番時間がかかった作業は何でしたか?

規程の見直しですね。

社長の高橋にも入ってもらいまして、運用してみて不要と分かった部分は削除したり、強化したほうがいい内容を盛り込んだり、実際の運用に合わせました。

Pマークを維持してよかったことは何ですか?

Pマークがあることで、取引先の方に安心していただけるのではと思っています。

コンサルで良かった点はありますか?

遠藤さんは、型にはまったものを当てはめるというより、うちの実地に合わせて考えていただけましたので大変助かりました。ありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。