Menu

2013年5月、弊社クライアントの株式会社エスティープラニング様が、プライバシーマーク(Pマーク)を取得されました。弊社のプライバシーマーク取得サポートをご利用いただき着手から6ヶ月以内での取得を実現しました。(担当コンサルタント:酒井)

STロゴ

同社・代表取締役社長 島村様、システム担当 木村様 業務担当 山上様から
いただいたコメント:

DSC06656

Pマーク取得おめでとうございます。

12月12日にキックオフし、審査員さんから合格の一報が来たのが4月下旬ですね。当初考えていた以上に早く取得できました。本当にありがとうございます。

初回の打ち合わせから全員参加をされて、みなさんの意識が非常に高かったようですね。

社長>はい その通りです。
私が無理に参加させたわけではないんですよ。社員の意識が高くて助かりました。今回のプロジェクトで、みんなが力を合わせて『Pマーク』という新しいチャレンジにがんばろう!と一つになれたのがよかったです。

木村さん、山上さん>会社で取得するからということではなく チーム一丸!という感じでしたね。

何が大変でしたでしょうか?

木村さん>やはり個人情報台帳とリスク分析表の作成が大変でした。社内にある個人情報を洗い出すために業務フローを起こし、マッピングして、リスクを洗い出しました。ただし、みんなで実施したので、自分の業務を改めて見直す良い機会になりました。他の社員の業務がよくわかり、会社の業務を再認識できたのはとてもよかったです。

Pマークを取得してよかったことは何でしょうか?

木村さん>元々は、社員の多くが、個人情報保護に関して知識がない状態でしたが、今回の取得で全員がおなじレベルで理解できたことが大きいですね

Pマークを取得して何か変化がありましたか?

山上さん>個人的に何かを申し込む際にも、添付されている個人情報に関する同意書などをよく読むようになりました。以前はすぐにカバンにしまってました・・・(笑)

木村さん>社内は本当に意識が高くなりましたね。この状態をしっかり守っていきたいと思います。

安全管理策に対してどんな費用がかかりましたか?

木村さん>そうですね。鍵付きの書庫とワイヤーロックを購入しました。

社長>みんなで休日出勤して、買いに行きましたよ。Pマークを取得されている企業に訪問した際に、扉に指紋認証システムを使用していたので、当初は設備投資に一体いくらかかるのだろうと、
かなり費用の心配をしたのですがそれくらいで済み、安心しました。

担当コンサルタントの酒井はいかがでしたでしょうか?

山上さん>酒井さんの説明は、本当に分かりやすかったです。何かをすべきかどうか迷って質問すると、確実な答えがあり、また納得できる理由が簡潔に戻ってくるんです。

木村さん>規程のひな形がすばらしく完成度が高かったです。最初にご用意いただいた内容で、読み合わせをして検証しましたが、ほとんど修正が必要のない状態でした。とてもクオリティーが高かったです。酒井さんの優先順位の指示が明確で、打ち合わせの2時間がとても有効な時間でした。

木村さん、山上さん>さすが酒井さんは現役の審査員だけあります。現地審査の時、酒井さんにやっていただいたリハーサルと同じ質問がきまして、内心「来たな」とニヤリとしてしまいました(笑)

審査の印象はいかがでしたか?

木村さん>非常に緊張して審査の当日を迎えしましたが、データ通信協会さんの審査員の方が穏やかな方でしたので、よかったです。

社長>途中から笑い声があがったり、和やかに審査を受けさせていただいたようで、安心しました。また認定取得までの日程に関しても、当社の事情を考慮していただけたのでありがたかったです。

これから取得する会社さまへ一言お願いします。

木村さん>一人でも多く社員が携わり、Pマークの本質を理解したほうが良いと思います。もちろん、大きな企業では大変だと思いますが。

弊社のサービスはいかがでしたでしょうか?

皆さん>もう大満足です。ありがとうございました!