Menu

2016年2月、弊社クライアントの株式会社プラージュ様が、プライバシーマーク(Pマーク)を取得されました。弊社のプライバシーマーク取得パッケージをご利用いただき、着手から6ヶ月未満での取得を実現しました。(担当コンサルタント:北村達也)

株式会社プラージュ様

 

同社・管理部 江田様、WEBソリューション部 松村 様からいただいたコメント:

株式会社プラージュ様

御社の事業内容とPマーク取得の経緯について教えてください。

弊社はARアプリ開発を始めとしたシステム開発を行っている会社です。入札案件への参画のため、入札条件であったプライバシーマークを取得することにしました。

※AR(Augmented Reality=拡張現実)とは、現実の世界に仮想の物体を反映する技術のこと。スマホやタブレットのカメラで絵本を写すと3Dの絵が動き出したり、お店にいかなくても指輪の試着ができたりするような技術のことです。

コンサル会社を弊社に決めていただくまでの経緯を教えてください。

以前、弊社と同じビルに入居されていた会社の代表の方が、弊社代表と仲良くしておりました。その方を通して御社のコンサルティングでPマーク取得したとお聞きし、ご紹介いただきました。その後、営業の相野様からの説明を受け、ご紹介ということもあり、他社比較はせずにすぐ御社にお願いしました。

社内体制はどういった体制でしたか?

個人情報保護管理者+2名(事務局)の3名体制で取り組みました。

作業にどのくらいの時間がかかりましたか?

毎週の訪問コンサルティングを含めて、次回への準備などで毎週2日くらいは時間を費やしたと思います。

安全管理策は新たに実施しましたか?

Pマークで必要とされる入退室管理、鍵の管理、委託先管理などを行ったほか、設備投資として約20台程度のPCにワイヤーロックをかけました。

苦労したポイント(一番時間がかかった作業)は何でしたか?

個人情報管理台帳の洗い出しとリスク分析ですね。私自身、Pマーク取得に取り組むのは初めてでしたので、どこに何があるのかを一から洗い出すのに苦労しました。また、洗い出した個人情報には「どんなリスクがあるか」を検討するのも大変でしたが、その都度、担当コンサルタントの北村さんに丁寧に教えて頂きました。

現地審査の印象は?

現地審査にあたり、最初は「どんな方が来るのだろう・・・」と少し不安でしたが、予想に反してとても和やかに審査が進みました。定刻よりも少し早く終了しましたし、説明もわかりやすかったです。

コンサルティングで良かったことを教えてください。

北村さんが丁寧に説明してくださいましたので、とてもわかりやすかったです。また、日々の問い合わせや現地審査後のフォローもスピーディに対応いただきました。ありがとうございました。

Pマークを取得しての感想を教えてください。

Pマークを取得したことで、入札案件への参画など、業務の幅が拡がりました。また、他社からの信頼、採用応募者からの信頼などメリットは多かったです。社内では教育テストを通して「してはいけないこと」の意識づけが出来ましたし、PC利用時のセキュリティ意識が高まり、取得して本当に良かったなと改めて思っております。

これからPマークに取り組まれる方へひとことお願いします。

情報の管理、セキュリティ対応を意識する事が重要だなと思います。Pマークを取得することで、従業員1人1人の意識が変わりますし、取得前には気づかなかった色々な事に対して「気付き」があります。検討していらっしゃる企業さんは是非、取得することをオススメします。

貴重なご意見、誠にありがとうございました。今後ともしっかりとサポートさせていただきます。